1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 大阪院院長 田川大地のコラム
  4. 「ご挨拶」

「ご挨拶」

一時期は厳しかった寒さも和らぎ、当院が開院して2度目の春がやってきました。
開院から数えると、のべ数千人と多くの患者様にご来院頂いておりとてもうれしく思っております。
現在は予約が混み合っており、早急に手術をご希望の患者様にはご不便をかけており申し訳ございません。
当院ではご手術はもちろん、術前のカウンセリングや術後の検診等のアフターフォローもしっかり行っておりますので、ご来院頂ける患者様には限りはございますが、ご利用頂く患者様にはご満足いただけるよう全力で診療させて頂きますので今後ともよろしくお願いいたします。

さて、私が日ごろ大切にしている キーワードの一つに「笑顔」があります。
当院に来院された患者様がより笑顔になってほしいとの願いです。

施術を終えられてご満足されている患者様だけではなく、カウンセリングの時や手術前の患者様にもご不安や緊張を少しでも和らげることができるように、わかりやすく丁寧に、時には冗談も交えながらお話しをさせて頂き、少しでも笑顔になっていただけたらと思っております。

日々診療をしていく中でこのような患者様がいらっしゃいました。
お目もとのカウンセリングをご希望されている患者様なのですが、お話をしている当初、表情がとても固く、相槌もしてくださらない状態でした。緊張されているのだろうなと思い、いつもと同じようにお話を続けていました。
なかなか表情が明るくならないまま、カウンセリングも終盤に入ったのですが、急に患者様の表情が明るくなり、色々な質問などをしてくださいました。
そのお話の中で、なぜ硬い表情だったのかの疑問が解けました。
その患者様は当院にいらっしゃる前にもいくつかのクリニックで相談を受けていたそうです。それらのクリニックでは、カウンセリングは患者様のお顔を見ずに数分で終わりほとんど質問もできなかったり、お話をしていく中で理由もわからないままどんどん値段を吊り上げられたりということがあり、美容外科そのものに不信感を抱いていたそうです。
悲しいことですが、一部のクリニックでそのようなことが行われていることは真実のようです。
その患者様はその後当院でご手術をされ、笑顔で帰って行かれました。

当たり前のことですが、手術を行う事だけでなく、カウンセリングや検診など、患者様と関わる時間全てを、丁寧に誠実に行う事が大切だと再認識することができた出来事でした。

もちろん、当院でカウンセリングを受け、ご手術をされない患者様もいらっしゃいます。

ある患者様は他院で手術を受け、自分のお顔が不自然なのではないかと悩まれており、修正の手術をご希望されていました。
しかし、お顔を拝見すると不自然さはなく経過も良かったので、丁寧にそのことを説明すると安心され満面の笑みでお帰りになられました。
この患者様が手術をした病院では、術後に医師と話をする機会もなく、不安を募らせていたとのことでした。

この患者様のように、当院でご手術を受ける受けないに関わらず、当院にいらして頂けた方には全員に笑顔になって頂きたいのです。

患者様が笑顔になれば、その笑顔を見た周りの方にも笑顔の輪は広がるはずです。
水の森美容外科に関わったすべての人が笑顔になり、さらにその人から笑顔の輪が広がる、笑顔の発信源になれたらこんなに素晴らしいことはありません。

患者様が喜んでいただけるような診療を行えば、スタッフの笑顔も増え、スタッフが笑顔で過ごせるクリニックであれば、患者様もより多くの笑顔を見せて頂ける。
そんな笑顔の循環が生まれ続けるクリニックであり続けたいと願っています。

今後も水の森美容外科でたくさんの笑顔が見られるように、日々診療に励んで行きたいと思いますので、これからも水の森美容外科をよろしくお願いいたします。