診療項目:痩身・脂肪吸引 脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射(メソセラピー)の特徴

痩せたい部分に注射を打つだけでサイズダウンがはかれます。 痩せたいけど脂肪吸引は怖いという方におすすめです。

ご注意いただきたいこと

1回の処置でできる範囲は両手の平サイズまでとなります。 効果が出るまで2~3回の治療が必要となります。

脂肪溶解注射の手術時間

10分

脂肪溶解注射(メソセラピー)の処置期間

手術当日
【ご来院】

患部の状態
個人差がありますが、内出血が1~2週間程度出る場合があります。 (体の場合は洋服を着ているのでほとんど気にならないでしょう) 3~4日は患部の腫れ・赤味・痒みを伴うことがあります。 お日にちと共に改善してきますので、ご安心ください。
清 潔
当日からメイク・洗顔が可能となります。 注入部位を触りすぎたり、マッサージしたりしないようにしてください。 入浴は治療当日は控えるようにしてください。 体が温まりすぎると腫れがひどくなる場合があります。
日常生活
アルコールの摂取は腫れが治まるまでは控えて頂くことをオススメします。

4日目

日常生活
施術後4日目から患部をよくマッサージしてください。 手の平でよくマッサージすることでメソセラビーの効果がよくなります。
注意点
次回の注射までは、同一部位は中10日、他部位は中3日期間を空けて下さい。 注射の効果に関しては個人差がありますが、同一部位を3~6回施術することをお勧めします。 大豆アレルギーをお持ちの方はお受け頂くことができかねます。

アドバイス

さらに高い効果を期待される方にはサノレックス(やせる薬)の併用をオススメ致します。 サノレックスには代謝亢進作用があるためメソセラピーと併用することで両者の効果に相乗効果が期待されます。

脂肪溶解注射/メソセラピーダイエット

メソセラピーは1952年フランスで開発された治療法で、 皮下脂肪に脂肪溶解薬を注射することにより気になる部分の脂肪溶解燃焼を促す治療です。 注射薬の作用で燃焼し溶解した脂肪は血液中に吸収され体外に排出されます。 それぞれの患者様に対して個別に調合した処方薬を痩せたい部分に注入するとターゲットの皮下脂肪に浸透しダイレクトに作用します。

治療後は当日から普段通りの生活やお仕事、入浴が可能です。 施行後の固定や圧迫は一切ありません。翌日から軽い腫れや赤みはありますが、数日で消失します。 一回の治療では両手の手のひらサイズまでの施行が可能です。 従って広範囲の施術を行う場合は日を改めます。2週間毎に合計3回、通常3回から効果があらわれます。 体質的に薬に対するアレルギーがある方は腫れや赤みが長引く場合があることが報告されています。 このような場合は治療を中止し、当院にてアレルギー治療を責任を持って行います。