1. TOP
  2. 診療項目
  3. 目の総論
  4. 眼瞼下垂

診療項目:目・二重

眼瞼下垂はこんな方に向いている手術です

  • 「目力アップ」
  • 「幅の広い二重」
  • 「加齢による目の窪みを修正」

眼瞼下垂って何?

通常、眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)が瞼板という軟骨を引っ張りあげることで目が開きます。この機能に障害があり目の開きが悪くなっている状態が眼瞼下垂といわれる状態です。

目を開ける機能が弱まっているため眉毛を上げることによって目が開きます。よって額にもシワが寄ってしまいます。

●眼瞼下垂は大きく2つのタイプに分けられます。

①先天性(生まれつき)

先天性では生まれつき目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱いため目の開きが悪い状態となっています。

②後天性

後天性では加齢やコンタクト、妊娠などの影響で眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)の瞼板の付着部分が弱まり目を開けづらい状態となっております。
弱くなった付着部位を強化しなおすのが眼瞼下垂の手術となります。
一般的に美容外科で扱われる手術は後天性の眼瞼下垂となります。

眼瞼下垂の手術とは

眼瞼下垂の手術とは、生まれつき目の開きが悪かったり、加齢と共に目の開きが悪くなった方に、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を縫い縮めて正常な目の開きに修正する手術です。
美容外科では患者様の希望の目に仕上げるために眼瞼下垂の手術を上記以外の場合にも応用して行われることが多いと言えます。

通常、二重になることでA点がB点まで持ち上がりの分だけ黒目が大きく見えるようになります。

目を開ける筋肉である眼瞼挙筋を縫い縮めることで(正しくは眼瞼挙筋の一部である挙筋瞼膜を縫い縮めます)図中A・B・Cの上下矢印⇔の分だけ更に黒目を大きく見せることができます。
黒目を大きくすることで目力も強くなります。

●美容外科では以下のような時に眼瞼下垂の手術を応用しております。

目力アップ

黒目を大きく見せることで目力をアップさせます。

【希望の施術:眼瞼下垂】

BEFORE

AFTER 術後1ヶ月目

BEFORE

AFTER術後1ヶ月目

②幅の広い二重

広い幅での二重でも眼瞼下垂の手術を応用すれば不可能が可能となります。
二重の幅はどこまで広く作れるかは個人様によって変わってきます。
骨格や個人様の目の開く力によっても、どこまで広く作れるかは変わってくるのです。骨格に無理がある場合はどうしようもありませんが、目の開きが弱くて広い幅の二重が難しい方は眼瞼下垂の手術を行うことで広い幅での二重が可能となります。

仮に通常の二重手術では②の幅が限界だとします。①の幅では、幅が広すぎて眠たく見えてしまう場合でも眼瞼下垂の手術を行えば可能になったりします。

②加齢による目の窪みを修正

加齢と共に窪んできた目の上を眼瞼下垂の手術で治せます。

通常の二重の仕組みはA点が上図のように引き込まれる事で、しっかり食い込み、くっきり二重になります。

加齢によって目の上が窪むと窪みの方に皮膚が持って行かれるためA点が十分に引き込まれなくなって浅い二重になり、黒目の分だけ見えなくなり眠そうに見えます。

このような症例に対し、眼瞼下垂の手術で眼瞼挙筋瞼膜を上図のように縫い縮めるとA点の食い込みが強くなり↑の方向に窪みを下から押し上げて窪みを改善してくれます。

施術例:加齢による目の窪みを修正

BEFORE

AFTER 術後1ヶ月目

BEFORE

AFTER 術後1ヶ月目

BEFORE

AFTER 術後1ヶ月目

眼瞼下垂の手術方法

切開して薄く伸びてしまった眼瞼挙筋を正常に固定し直す方法。

眼瞼下垂の特徴

目がパッチリ開くようになります。

ご注意いただきたいこと

微妙な調整が必要なので、術後稀に微調整が必要となることもあります。

眼瞼下垂の手術時間

60分から80分位

眼瞼下垂の処置期間・アフターケア

手術当日
【ご来院】

患部の状態
瞼の上に黒色の糸がつきます。 ※オプションで透明の糸に変更することも可能です。
アフターケア
痛みに対しては、痛み止めでコントロールして下さい。
処方箋
・抗生剤 ・痛み止め
日常生活
アイメイク以外は当日から可能です。 (拭き取りメイク落としをご使用ください)
清 潔
入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
注意点
痛みや熱感が強い場合には、目を濡らさないようにして冷やして下さい。
飲酒は1週間は控えめにしましょう

1日目

清 潔
シャワーを浴びることができますが、入浴は抜糸の翌日からにしてください。 水洗いの洗顔は可能です。
注意点
術後腫れのピークは1週間程度となり、徐々に引いていきます。 目の上に糸がついているのでこすったりしないように気を付けてください。

5日目
【ご来院】
抜糸

患部の状態
傷の状態も落ち着いてきます。
日常生活
運動は可能ですが徐々に行うようにしてください。
清 潔
抜糸後翌日から石鹸を用いた洗顔、入浴が可能となります。 抜糸後翌々日からアイメイクも可能です。

1ヶ月
【ご来院】
検診

患部の状態
より自然な感じになります。 傷口の赤味も時間の経過と共に目立たなくなり、3か月でほぼ落ち着きます。

3ヶ月
【ご来院】
検診

患部の状態
ほぼ完成となります。

眼瞼下垂のアドバイス

目の開きが悪いと肩がこったり、頭痛の原因にもなります。また、目が開きづらいため眉を上げて目を上げるため、額にもしわが入ってしまいます。 目の開きを改善するだけ上記のような症状まで改善します。

目・二重の施術料金

ご来院の際に、身分証明書のご提示を頂きました方は、
当院の会員価格にてご案内させて頂きます。

目の手術は全て【両目】の料金となります。

施術内容 正規価格 会員価格
埋没法(2点どめ)
(1年保証)
¥80,000 ¥49,900
埋没法(2点どめ)
(3年保証)
¥110,000 ¥79,900
埋没法(2点どめ)
(永久保証)
¥140,000 ¥99,900
埋没法1点追加(片目) ¥18,000 ¥12,900
当院抜糸1点につき ¥18,000 ¥12,900
他院抜糸1点につき ¥32,000 ¥22,000
二重切開法 ¥315,000 ¥199,000
目頭切開法 ¥262,500 ¥179,000
目尻切開法 ¥280,000 ¥200,000
たれ目形成(下眼瞼下制法) ¥400,000 ¥279,000
目の上のたるみ取り
(たるみ切除)
¥157,500 ¥100,000
目の上のたるみ取り
(たるみ切除+二重拡大)
¥420,000 ¥295,000
目の下のたるみ取り
(ハムラー法)
¥500,000 ¥359,000
目の下のたるみ取り
(経結膜下ハムラー法)
¥550,000 ¥379,000
眼瞼下垂 ¥550,000 ¥389,000

※全切開は切って縫うだけではなく中で内部処理もしっかりおこないます。

※当院では眼瞼下垂の手術もできる目の解剖を熟知した医師が全切開の手術をおこないますので安心です。

※当院の価格表記は全て税抜きでございます。

よくあるご質問

眼瞼下垂 手術時間はどれくらいですか?
眼瞼下垂のご手術では同時に二重の幅の調節もしており、目の開きの確認に十分な時間を取っておりますので、2時間程度の手術となります。
眼瞼下垂 傷口は目立ちますか?
切開したところが二重のラインとなるため、目を開けた時には隠れています。傷自体も、非常にきれいに治るため、3か月の頃には殆ど分からなくなります。
眼瞼下垂 目力を上げる事ができますか?
眼瞼下垂症の手術は、もともと黒目を大きく見せて目をぱっちりとさせる手術です。一般的に目力が強い印象の方は黒目が大きい傾向にあります。そういった意味では目力も上がると言えます。
眼瞼下垂 人に絶対にばれたくありません。手術した後に人にばれる事はありますか?
切開法は埋没法と比べるとはやり腫れます。7日前後でメイクが可能となりますが、その時はまだ腫れが残っているのでメイクで隠していただいています。そのため、はじめの腫れている時期は、人から見て分かる可能性があります。その後、腫れが引くのは1か月で90%、3か月で100%のといった経過となります。個人差はありますが、気になる間はメイクで乗り切っていただいています。また傷についてですが、眼の上の傷は非常にきれいに治るため、3か月の頃には殆ど分からなくなります。当院では腫れを少なくする様々な工夫や、傷口がより早期に目立たなくなるように適切な内部処理を行っておりますので、手術の痕が極端に目立つことはございません。
眼瞼下垂 術後の経過はどんな感じですか?通院は頻回に必要でしょうか?
1日2日はジンジンとした軽い痛みがありますが、4・5日かけてなくなっていきます。腫れについては、1週間後はメイクでごまかして頂ける程度の腫れがあります。1ヶ月で90%完成、メイクをすればわからない程度、スッピンでもほぼ気にならないでしょう。細かいところまでいえば3ヶ月で100%完成となります。術後の注意点ですが、帰宅してから創部のクーリング(10-15分程度)をしていただければ、より腫れを抑える事が出来ます。翌日からシャワー浴が可能となります(体を温めすぎると腫れの原因になりますので浴槽への入浴は抜糸翌日からです)。水洗いでの洗顔も翌日からです。5日目で抜糸し、その翌日から石鹸での洗顔が可能となります。抜糸の翌々日(7日目)から創部のメイクが可能となりますので1週間程度の時間があれば、ご手術が可能です。もちろん、お体に負担がかかる手術ではございませんので、腫れていても気にしない患者様は手術翌日から普通の生活ができます。
眼瞼下垂 まぶたの裏から行う眼瞼下垂症の手術がありますが、瞼の表からする方法と何が違うのですか?
瞼の裏から糸で留めるだけの眼瞼下垂を行うクリニックがあるようですが、糸で留めるだけの眼瞼下垂は早期にもとに戻ってしまいますので当院では行っておりません。また、まぶたの裏から切開して行う方法は、皮膚を切開しないため傷が目立ちにくく、魅力的と思われがちですが、実際には様々なデメリットがあります。まず、麻酔の痛みが皮膚よりも痛いですし、目のすぐ傍の手術操作ですので、眼球損傷の可能性が皮膚から行うより危険性があり、患者さんの恐怖も大きくなります。また、術野が狭く血管構造上も出血が多くなるためうまく止血しないと腫れが強く出る事につながります。患者さんも恐怖がありますので、目を閉じて我慢しようとすると、術野がさらに狭まり出血もさらに増え、皮膚アプローチと比べても術後のダウンタイムが伸びるといった悪循環に陥ることも多々起こります。また、麻酔薬が目を開ける筋肉である眼瞼挙筋やミュラー筋に及ぶと目の開きが悪くなるために、術中にしっかり目が開くかどうか、左右差が無いかを判断を誤る可能性があります。さらに、目の裏側から目的の眼瞼挙筋および挙筋腱膜に到達するにはミュラー筋を切開する必要があります。近年、伸展受容器としてのミュラー筋の重要性が注目されているため、ミュラー筋を切らないといけない裏から行う方法を行っているクリニックは少ないのが現状です。もう一点、皮膚からのアプローチであれば、二重を同時に作る事ができますが、結膜アプローチの場合はそれができません。そのため二重作成やライン調整は後日しなければならないという点もデメリットと言えます。以上の理由で当院では、瞼の表から行う眼瞼下垂手術を行っています。

大阪院ドクターコメント

【大阪院の診療項目】

眼瞼下垂の手術は目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を操作するため、瞼の構造の詳しい知識と 繊細な技術が必要な手術ですので、 慣れない 医師が行うと満足いく結果につながりません。
当院では切開法の手術であっても内部処理を徹底して行っており、眼瞼挙筋を操作します。眼瞼下垂の手術だけでなく切開法の症例も加わるので、おのずと 、医師の挙筋操作の熟練度が増していきます。
当院では日頃から眼瞼挙筋を操作することになれている医師が執刀しますので、結果に大いにご満足いただいております。

大阪院のお客様の声

お客様の声はありません。

関係するドクター診療日記の記事

目・二重

診療項目