診療項目:唇・顎・輪郭 顎のヒアルロン酸注入

顎にヒアルロン酸を注入して顎を出すことで、正面からみて輪郭をスッキリさせたり、横顔を綺麗に整えることが出来ます。 顎を出すという発想は、一般の方々にはあまりないため周囲からも気づかれにくく、ばれずにお顔の印象を変えることが出来るので、人気の高い治療となります。

顎のヒアルロン酸注入の手術方法

注入部分をマーキングしてヒアルロン酸を注入していきます。

顎のヒアルロン酸注入の特徴

顎を出すことで、輪郭がシャープに見えて小顔効果を演出します。 また、横顔も綺麗に整えることが出来ます。

顎のヒアルロン酸注入の手術時間

10分程度

ご注意いただきたいこと

注入のし過ぎは不自然さの原因になりますので、お顔に合った注入量にすることが大切です。

顎のヒアルロン酸注入について

●効果①

正面から見た輪郭をシャープに見せることが出来ます。 顎が出ることで、正面から見て逆三角形の輪郭に近づけることが出来ます。 更に顔の脂肪吸引やフェイスリフト、エラのボトックスを行う際に顎のヒアルロン酸を併用することで、より逆三角形の輪郭を作り上げることが出来ます。勿論、ヒアルロン酸のみでも効果がありますのでご安心下さい。

BEFORE

AFTER

●効果②

横から見たラインを綺麗なEラインに近づける事が出来ます。 Eラインとは一般的に鼻先と顎先を結んだ線に唇が触れるくらいの、横顔のバランスにおいて美しいと言われているラインです。

BEFORE

AFTER

●効果③

顎にヒアルロン酸を注入することで口元が出っ張った印象も緩和できます。 鼻先と顎先を結んだ線よりも口元が突出している場合は、「鼻先を高くする」「口元を引っ込める」「顎先を出す」のいずれかを行うとバランスが取れます。鼻先を高くする場合は軟骨移植。口元を引っ込める場合は骨切り術。顎を出す場合は、ヒアルロン酸かプロテーゼの手術となります。この三つで最も手軽なのが顎を出す処置となり、ヒアルロン酸注入は数分で施術が完了します。

●顎のヒアルロン酸の注意点

注意点①
顎のヒアルロン酸はある程度の量を注入しないと変化が乏しい部位になります。 一般的には1本分(1cc)の量のヒアルロン酸を注入するケースが多いようですが、1本(1cc)では顎をしっかり出すには十分な量とはいえません。そのため、「変化に乏しい」とか「すぐになくなってしまった」という声を良く耳にします。 当院では、1本買取と打ち放題を選ぶことが出来ますので、ある程度量が必要な方は打ち放題を選ばれるとお得かと思われます。より患者様にとってお得になるような料金設定にさせて頂いております。
注意点②
注入し過ぎることにより顎が大きくなって逆にシャープ感が出なくなったり、出し過ぎる事によってしゃくれたイメージになることもあります。 経験豊富な医師が対応させて頂きますので、ちょうど良い理想のかたちに仕上げさせて頂きます。又、患者様のほうでも見慣れてくることにより、「もっともっと」となる方もいらっしゃいます。追加の際には状態を拝見させて頂き、時には注入をお勧めしない場合もございます。常に患者様にとって良いと思われるご提案をさせて頂きますので、安心してお任せ下さいませ。
注意点③
また、「顔が長く見えるのではないか」とのご質問もございますが、その心配もございません。ヒアルロン酸で顎をシャープにする場合には、顎を下に伸ばすのではなく斜め前に出しEラインを作りますので、ご安心ください。ただし、もともと顎下が長い患者さまの場合はお勧めしない場合もございます。

非吸収製剤について(レディエッセ、アクアミドなど)

一般の患者様方のイメージではヒアルロン酸は吸収されてしまうので、吸収されないレディエッセやアクアミド等の製品について、何故当院で扱っていないのかと尋ねられることが良くあります。 実際には、これらの製品は 意味がない ため、以下にヒアルロン酸と非吸収製剤の持続に関して、詳しく列記いたします。 美容外科も価格競争の時代に入りすっかり商業化してしまっています。新しい商品や聞こえの良い商品を宣伝することで、価格競争から脱し利益を上げようとレディエッセ等の高額な商品を宣伝するクリニックも少なくありません。正しい知識のもとで本当に意味のある商品なのかをご検討されることをお勧めいたします。

1.ヒアルロン酸の吸収について

患者様はヒアルロン酸は3ヶ月から1年で吸収されてなくなってしまうというイメージを持たれている方がほとんどです。 しかし実際にはヒアルロン酸が吸収されるまでには5年程度の期間があります。 では、何故3ヶ月から1年といった持続期間になるのでしょうか? それは、ヒアルロン酸が固形の塊ではなくジェル状のものであるということです。 仮にシリコンのような固形物である場合以下の①の形は崩れることはなく、一生物の形として持続します。

ヒアルロン酸はジェルであることを考えると上記の固形物のようにずっと同じ形状を保つことは出来ません。下記の様にちょうど砂山が少しずつ崩れていくのをイメージすると良いでしょう。 ヒアルロン酸自体が吸収されてなくなるまでには5年位かかるとしても、砂山が馴染んで下記の③の状態になってしまった時には、患者様としては減ってなくなってしまったと感じるかとは思います。一般的にヒアルロン酸のなくなる期間というのは、馴染んで患者様がなくなってしまったと感じる期間をお伝えしております。 又、製剤は硬いほうが、砂山の形はキープしやすく、持続は長いということになります。 当院ではこの製剤の硬さを注入部位によって使い分ける事で、少しでも持続を長くさせるように製剤を選択しております。

2.非吸収製剤について

非吸収製剤とは吸収されない成分をまぶして注射で注入しております。 広告などに記載されている通り、成分自体は吸収されずに残りますが、シリコンのような固形の塊ではありませんので、ジェルと同じ要に形そのものは馴染んでいきます。あくまで下記の③の状態で吸収されずに残っているという事になります。ヒアルロン酸の③の状態と比較していただけると、なんら変わりのないことが解るはずです。 実際に患者様が気にされるのは、見た目としての持続であり、成分自体が吸収されないということではありません。ヒアルロン酸も硬い製剤を使う事により馴染んでいくスピードは長くなりますので、持続効果による差異はないと言えます。広告上の表記の通り成分自体は吸収されませんが、患者様の感じる見た目としての持続効果にはなんら差異がないという事になります。 これが広告表記のマジックなのでしょう。 レディエッセはヒアルロン酸に比べ高額であり、効果的にも差異がない事を考えると、当院ではわざわざ使用する必要性はないと考えております。

3.ヒアルロン酸の追加について

ヒアルロン酸は上記のように何度か追加を重ねていくうちに、かなり長期間持続するようになっていきます。 ヒアルロン酸が吸収されるまでの期間は5年位ですので、1回目の馴染んでいくスピードに比べ上乗せして蓄積したヒアルロン酸はかなりの長期間持続します。 患者様がイメージするような半年~1年おきに毎回注入しなくてはいけないというものではありません。 3~4回定期的に注入された患者様の場合、その後はしばらく注入は必要ないケースがほとんどと言えます。