診療項目:唇・顎・輪郭 唇のヒアルロン酸注入

薄い唇は知的な印象を与えますが時には寂しげで冷たい印象を与えてしまうこともあります。一方、厚い唇は情熱的でセクシーな印象を与えるため、最近ではブームとなっています。また、ヒアルロン酸を上唇の輪郭に注入する事で、アヒル口を形成する事もできます。 女性の厚い唇やアヒル口は、男性からの支持率も非常に高いため、人気の高い施術となっております。

唇のヒアルロン酸注入の手術方法

患者様のご希望をお伺いした上で、ヒアルロン酸を注入いたします。

唇のヒアルロン酸注入の特徴

基本的な形として、上唇は輪郭に沿ってヒアルロン酸を注入して輪郭をくっきりさせたり、アヒル口を形成したりします。 下唇は全体的にふっくらさせます。 ご希望に応じて上唇もボリュームアップする事が可能です。

唇のヒアルロン酸注入の手術時間

10分程度

唇のヒアルロン酸注入について

唇のヒアルロン酸注入にはこんな効果もあります。 基本的にはアヒル口にしたり、ボリュームをつけたりする事を目的としますが、アヒル口になる事で口角が上がって見えたり、唇のシワが目立たなくなったりする効果も有り、患者さまの満足度が高くなりやすい施術です。

●症例写真①

下唇をメインでふっくらさせ、上唇は輪郭を縁取る程度に

BEFORE

AFTER

●症例写真②

上唇の輪郭を縁取りアヒル口を形成し、下唇はふっくら

BEFORE

AFTER

●よくあるご質問

「他院で唇のヒアルロン酸を注入した時に激痛だったので怖いです。」
唇は感覚が繊細で麻酔なしでヒアルロン酸を注入すると痛みが強い部位になります。しかし、唇に直接麻酔を打つと、その分大きさの誤差や腫れの原因になります。 当院ではブロック麻酔といって唇に麻酔を直接打たず、痛みを除去する麻酔法を習得した医師が注入します。そのため、誤差や腫れを極力なくしたうえで痛みは全くない状態での注入が可能ですのでご安心ください。
「感触は不自然になりませんか」
唇の感触が不自然にならないか心配されている患者様もいらっしゃいますが、不必要に大きな唇をご希望されない限り、触った感触に違和感がでることはないでしょう。

ご注意いただきたいこと

●注意点①
唇は血管の豊富な部位で、注入の際に多少なりとも出血します。出血の際の基本的な処置としては圧迫止血になります。 そのため注入しながら、しっかり圧迫を行なって丁寧に注入していくことが、腫れや内出血を抑えるポイントとなります。 当院では丁寧に圧迫止血をしながら、ヒアルロン酸を注入していきますので、大きく腫れてしまう 事はほとんどございません。
●注意点②
注入のし過ぎは不自然さの原因になりますので、お顔にあった注入量にすることが大事です。患者様は見慣れてくると、もっと入れたいという感覚になりがちですので、状態を診断して不自然になりそうな時には注入をお勧めしない事もございます。 初回のカウンセリングや追加注入の際も、ご希望をお伺いした上で、ご提案させて頂きますので、安心してお任せ頂ければと思います。