診療項目:鼻 わし鼻修正(ハンプ修正)

わし鼻修正(ハンプ修正)の特徴

鼻筋の途中が出っ張っているわし鼻をまっすぐにして、ストレートな鼻のラインを作ります。 わし鼻はゴツゴツしたイメージに見えますので、切除することで、すっきりとスマートなイメージになります。

わし鼻修正(ハンプ修正)の手術方法

鼻の穴の中を切開し、わし鼻の出っ張り部分の軟骨と骨を切除して平らにします。 傷口は鼻の穴の中だけですので外から見てもわかることはなく、吸収糸といわれる溶ける糸を使用しますので抜糸の必要もございません。

わし鼻修正(ハンプ修正)の手術時間

約2.5時間

わし鼻修正(ハンプ修正)の処置期間・アフターケア

手術当日
【ご来院】

患部の状態
鼻を固定し、腫れ・内出血を防ぐため、鼻全体にギプスがつきます。
手術当日は麻酔を注入しているため腫れますが、ギプスで覆われているためあまりわかりません。鼻の穴の糸の抜糸はありません。吸収糸を使用しています。
アフターケア
痛みに対しては痛み止めでコントロールして頂ける程度です。
処方箋
・抗生剤 ・痛み止め
日常生活
入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
注意点
必ず仰向けで寝るようにしてください
飲酒は1週間は控えめにしましょう

1日目
手術翌日

清 潔
シャワーを浴びることはできますが、入浴は1週間は避けてください。
シャワーの際はギブスが濡れないように注意してください。
日常生活
長時間のメガネのご使用、うつ伏せ寝、鼻を強く押さえることは1ヶ月間は避けてください。
注意点
1日目から1週間ほどが腫れのピークとなります。
個人差がございますが、腫れ・内出血ともに1週間後あたりから引いて参ります。
傷口が治っていく過程で痒みが生じますが、掻いたりしないように気をつけて下さい。

3~5日目
【ご来院】
抜糸

清 潔
ギプス除去後から顔の水洗いが可能となります
洗顔時は傷口に石鹸が触れないように気を付けてください
患部の状態
腫れは徐々に落ち着いてきます。痛みは落ち着いてきます。
日常生活
激しい運動は1週間は避けてください。

1週間目
【ご来院】
検診

清 潔
検診の翌日より石鹸を用いた洗顔・入浴が可能です
検診の翌々日より創部のメイクが可能となります。

1ヶ月
【ご来院】
検診

患部の状態
手術の腫れもなくなり、より自然な感じになります。

3ヶ月
【ご来院】
検診

患部の状態
ほぼ完成となります。

わし鼻修正(ハンプ修正)の手術ポイント

●手術ポイント1

わし鼻は鼻骨と鼻中隔軟骨(鼻の真ん中の軟骨)の両方が出っ張っている事が原因です。 このため鼻骨のみの処理では、わし鼻は改善せず、骨と軟骨両方の処理が必要となります。 出っ張っている骨のみの処理は容易ですが、軟骨を正しく処理するためには専門的な知識が必要不可欠です。
そのため、骨のみをヤスリで削るといった処理を行うクリニックも少なくない ので、病院選びには注意が必要です。
担当医が正しい手術を行っているかを見分けるには手術時間を確認すると良いでしょう。
骨をヤスリで削るだけなら20分から30分程度で終わってしまいますが、しっかり軟骨等の処理を行えば1時間はかかる手術です。

●手術ポイント2

軽度のわし鼻であればプロテーゼの手術で、鼻を高くすることによって、わし鼻を目立たなくすることが出来ます。

わし鼻を削って修正する場合 わし鼻をプロテーゼで修正する場合

どちらで対応するかは、カウンセリングにて診断のもと医師よりご提案させて頂きます。
プロテーゼの説明はこちら

●手術ポイント3

わし鼻の出っ張りが強い場合は切除すると、削った部分が平坦になり、鼻筋が 太く見える場合もあります。こういった場合は鼻骨骨切り(鼻筋を細くする)も併用したほうが良い場合も ありますので、術前に担当医よりご提案させて頂きます。

削った部分が平坦に 鼻骨骨切りを併用して中に寄せることでシャープにする

鼻骨骨切りの説明はこちら