診療項目:しわ・たるみ

目の下のたるみ取りについて

目の下のクマやたるみは、年齢以上に顔を老けて見える要因のひとつで、 悩みを抱く患者様は非常に多いといえます。 目の下の治療は様々な治療法が宣伝されておりますが、本当に効果の出る治療は限られております。 患者様も正しい知識をもった上で 治療を選択しないと無駄に終わってしまうこともあります ので注意が必要です。 結論から言うと、この部分の治療法は、しっかりとした改善を望むなら、ハムラ法といわれる手術以外ありません。 (状態によってはヒアルロン酸の注入で軽減する方法はございます。ヒアルロン酸によるクマ治療は下記をご参考ください。)

何故ハムラ法の手術でなくては完治出来ないのか? 正しく理解を深めるには、まずは目の下がどのような状態になっているのかを知る必要があります。

※以下の動画でも説明しています。

上図を見ていくと分かるように、眼球の周りには脂肪が取り囲むように眼球を保護しております。その脂肪が重力の関係で年々下に落ちてきます。(パターン2) 30代、40代で気にされている患者様の多くはパターン2のように、突出してきた脂肪がたるみのように見えていたり、突出した脂肪の下が影になってクマに見えている事がほとんど です。(決して老化が早い とか、疲れているというわけではないのです)脂肪の突出は骨格上の要素が大きく、脂肪が出てこない方は高齢になっても出てきません。 ただし、脂肪が出てこない方でも、ある程度高齢になるとパターン1のように皮膚と筋肉は弛んできます。 パターン3は脂肪の突出もあり、皮膚、筋肉も弛んでいる状態で、パターン1とパターン2が合わさった状態となります。

パターン2
脂肪の突出により弛んで見えるケース

パターン3
軽度の脂肪の突出と皮膚、筋肉のたるみがあるケース

パターン2のように「突出した脂肪」に対しては、脂肪の構造を組み替えてフラットな状態を作り、 皮膚や筋肉のたるみに関しては、「余分な皮膚、筋肉の切除をする治療」が必要となります。 これらを全て解決出来る方法はハムラ法以外にはありません。 ハムラ法を説明するには、まず通常の目の下のたるみ取りの手術を説明する必要があり、通常のたるみ取りの際に行なわれる手術は筋皮弁法といわれます。

●筋皮弁法

パターン1のような症例に行います。 下瞼ギリギリの部分を切開して、皮膚、筋肉を剥離していきます。

上記が従来行なわれていた目の下のたるみ取りの手術です。 従来はパターン2のような症例に対しては、上記の過程で余分な脂肪を除去しておりました。 ハムラ法が開発されるまでは、しかし、目の下のたるみ取りとしての効果は乏しい手術とされていました。なぜなら、脂肪の処理に関しては除去するだけです。図からも分かるように脂肪は繋がっていますので、脂肪が落ちてくると、再発する可能性が高いからです。 また、突出した脂肪を除去するだけですので、膨らみ部分が軽減するだけで、膨らみの下にある凹みの部分は解消出来ない為、完全なフラット状態を作りあげる事が出来ないからです。当院ではパターン1のような皮膚、筋肉のたるみ のみの症例以外には筋皮弁法は、用いておりません 。この手術を基本として、脂肪の構造変化の組み合わせを加えたものがハムラ法といわれる手術になります。

●ハムラ法

パターン2やパターン3のような症例に行います 上記の筋皮弁法に加え以下のような脂肪の処理を行ないます。

上図のように前方へ突出した脂肪を、下方向に移動させる事により、脂肪の膨らみを解消し、かつ凹みの部分が持ち上げられ、なめらかなフラット状態を作り上げます。後は従来通り余った皮膚や筋肉を切除します。 このようにハムラ法は、脂肪の膨らみによるたるみ やクマ、余った皮膚の切除まで全てを解決していく根治 手術となります。

目の下のたるみ取りの手術時間

120分

目の下のたるみ取りの処置期間・アフターケア

手術当日
【ご来院】

患部の状態
腫れや内出血を最小限に抑える為、目の下をガーゼとテープで圧迫固定します。 目の下の傷に黒色の糸がつきます。
アフターケア
痛みに対しては痛み止めでコントロールして頂ける程度です。
処方箋
・抗生剤 ・痛みどめ ・目薬
日常生活
入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
清 潔
アイメイク以外は当日から可能です。(拭き取りメイク落としをご使用ください)
注意点
痛みや熱感が強い場合には、アイスノンで冷やしてください。 飲酒は1週間は控えめにしましょう。

1日目
(手術翌日)

清 潔
シャワーを浴びることができますが、圧迫の固定を濡らさないようにしてください。 洗顔はできませんので、濡れタオルなどで清拭してください。

3日目
【ご来院】
圧迫除去
・検診

目の下の圧迫除去と、血腫ができていないかの確認をさせて頂きます。
清 潔
ガーゼ圧迫を外してからは水洗いの洗顔が可能となります。

5日目
【ご来院】
抜糸

患部の状態
傷の状態も落ち着いてきます。
清 潔
抜糸後翌日から石鹸を用いた洗顔が可能となります。 抜糸後翌日から入浴が可能となります。 抜糸後翌々日から創部のメイクが可能となります。

1か月後
【ご来院】
検診

患部の状態
より自然な感じになります。 傷口の赤味も時間の経過と共に目立たなくなり、3か月でほぼ落ち着きます。

3か月後
【ご来院】
検診

患部の状態
ほぼ完成となります。

目の下のたるみ取りのアドバイス

目の下の傷跡 はとてもキレイに治る部分ですので傷はほとんどわからなくなります。 ただし、切開部は1ヶ月から3ヶ月程、軽い赤みがあります。 7日目よりメイクが可能ですので、1週間程度の休みがあるとよいでしょう。

こんな手術には注意が必要です

①下瞼脱脂(目の裏から脂肪を除去するだけの手術)

下瞼脱脂は目の裏から脂肪を抜くだけの簡易的な手術のため、行なうクリニックが少なくありません。しかし、30代以上の患者様では脂肪を除去した分だけ皮膚に余りが出るため、膨らみは改善したけれども、余計なシワ、たるみ が発生します。 また 、下瞼脱脂のページでも説明しておりますが、裏から行なう脱脂肪のため手術 が不十分で、脂肪を抜きすぎたり抜き足りなかったりという事も少なくありません。 基本的に下瞼脱脂は30代以上の方に行うべき手術ではございません。

②皮膚や筋肉を切除するだけの手術

目の下のたるみ取りやハムラ法の基本にあるのは筋皮弁法となります。 皮膚、筋肉をはがして余った分の皮膚、筋肉を1ミリ単位で調整して切除していくというものです。皮膚や筋肉は切除しすぎるとアカンベ-状態になりますし、控え目すぎると効果は出ませんので、正確に調整をする必要があります。 上記は解剖の知識や正しい手技を習得していなくては出来ない手術ですが、皮膚や筋肉をなんとなく切り取るだけという手術を行っているクリニックもあります ので注意が必要です。 皮膚や筋肉を何となくマーキングして切り取るだけの手術は 30分から40分程度で終了します。極端に手術時間が短い場合は、この方法で行なわれている可能性があります。

左図のように大体これ位であろうと斜線部分を 切りとって縫うだけの手術

③目の下の脂肪を取って、その下の凹み部分にはヒアルロン酸や脂肪を注入するという方法

ハムラ法が行えないクリニックでは上記のような手術を勧めるケースもあります。 目の下の脂肪を抜くだけでは、ふくらみが解消されるだけで凹みの部分は治せません。 その為、凹みの部分にはヒアルロン酸や脂肪などを注入してしまうというものです。 これは一見効果がありそう なのですが、実際は改善しません。 突出した脂肪を除去して、その下の窪み部分に何かを注入しても、つなぎ目の部分は埋められないためハムラ法のような完全なフラット状態を作り上げることは出来ません。

④眼輪筋を引き上げて骨膜に固定する方法は?

筋皮弁法において眼輪筋を引き上げて骨膜に固定する方法があります。この手技を加えるかどうかは医師によっても 分かれるところですが、当院では積極的にこの方法を取り入れてはいません。 なぜなら、骨膜にかけて 引き上げても、その効果は一時的なもの(長くても半年程度)といわれて おります。また、引き上げることで切開線の創部に段差ができますので傷跡の治りが悪くなることがあります。

効果のでない治療

目の下のたるみを気にされている方は多いものの、手術(メスを入れること)はしたくないという方も多くいるでしょう。 しかし、メスを入れずに効果を出すことは容易ではなく、結局 効果のでない無駄な治療に手を出していることになりがちです。 以下に世間でよく行われているが効果のでない治療をあげますので参考にしてください。

①レーザー

サーマクール(たるみのレーザーとしてはもっとも効果が高い)などを含めたるみを引き上げるというレーザーは目の下のたるみには効果はありません。 解剖の項で説明したように脂肪の突出により、たるみ のように見えておりますので、突出した脂肪の処理をしないかぎり改善はしません。レーザーで引き締めたからといって突出した脂肪が引っ込むことはないのです。

②血小板治療やPRP治療

自己の血小板を注入することで、コラーゲンが増生されシワやたるみ が治るという治療があります。レーザーの項での説明と同じように当然目の下のたるみの改善にはいたらないでしょう。 この治療においては目の下のたるみに効果がないばかりでなく、他の部位においてもあまり効果がないというのが当院の見解です。

③金の糸

金の糸も金を埋め込むことでコラーゲンが増生されシワ、たるみを改善するといわれている治療ですが、当然目の下のたるみには効果がないばかりでなく、ほぼリフトアップ効果はありません。 せいぜい肌ツヤが良くなる程度でしょう。

※切る手術にはダウンタイムが必要となるので、全ての方がすぐに受け入れられる治療ではないかもしれません。 しかし、効果のない治療を受けてしまっても、お金の無駄になってしまうだけですね。 治す方法がないというわけではありませんので、今すぐに治療を受け入れられないとしても、予定を立て、しっかり直すことをお勧めいたします。

●症例写真

医師の診断

  • 今回の患者様は老けて見える目元にお悩みの患者様です。目の下のふくらみは、「くま」や「たるみ」と表現されることが多いのですが、眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が原因のことが多く、今回の患者様のようにハムラ法がとても効果的です。

BEFORE

AFTER

医師の診断

  • 1. 目の上のたるみ 彼女の場合もともと二重であったのですが年齢と共にたるみのせいで二重の幅が狭くなってきたので埋没法で二重を拡大しました。ある程度のたるみであれば埋没法(10分程度の手術)で手軽に改善します。
  • 2. 目の下のたるみ 彼女の場合目の下のたるみと脂肪の膨らみとその下の窪みがありハムラ法によってたるみの除去だけでなく脂肪の処理と窪みの処理を同時におこないました。難しい手術ではありますが私の得意とする手術です。患者様の満足度も非常に高い手術です。

BEFORE

AFTER

●メイク無し

BEFORE

AFTER

●メイク有り

BEFORE

AFTER

●メイク有り

BEFORE

AFTER