1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 大阪院院長 田川大地の診療日記

整形で小顔にする方法

理想の顔に近づけるためには、目や鼻等の一つ一つの部位を理想に近づけることも大切ですが、小顔にすることでぐっとスマートな印象に変えることができます。
小顔にする方法は手軽な方法から大掛かりな方法まで幅が広く、腫れが少なくダウンタイムがほとんどない施術もあります。
どういう原理で小顔にするかアプローチの方法は多彩です。だけど、どんな方法があるのかわからないといった患者様からのお声をよく頂きます。そこで、今回は小顔の治療に関してお話しさせて頂きます。

美容整形で小顔にする方法は患者様の状態でいくつか方法があります。
①脂肪を減らす
②筋肉を小さくする
③骨を削る
④たるみを引き上げる
⑤顎をシャープにする
上記の方法から一つもしくはいくつかを組み合わせて選んでいくことになります。

それぞれの治療方法をもう少し詳しく説明させて頂きます。
①脂肪を減らす
脂肪を減らす方法は脂肪吸引や脂肪溶解注射(メソセラピー・BNLS等)があります。一回でより高い効果をお望みであれば、脂肪吸引の方がお勧めの治療となります。当院では脂肪吸引は年間数百例の症例があり、自信をもってお勧めできる施術となっております。  
ダウンタイムをより少なくしたい方は、注射だけで終わるメソセラピーやBNLSが良いでしょう。腫れや痛み赤みもほとんど気にならない程度ですので、手軽に部分痩せを希望される患者様に良い治療です。

②筋肉を小さくする
筋肉を小さくする治療はボトックス注射を行います。通称エラと呼ばれる咬筋に注射を打つだけで、筋肉が多くエラが張っている状態の患者様には高い小顔効果があります。

③骨を削る 
骨を削る方法は骨切り術といい、その名前の通り張っているエラ骨を切りシャープにします。一般的に横から見たエラの角張には高い効果がありますが、正面から見たエラの張りには効果は弱いことが多いです。

④たるみを引き上げる
たるみのある患者様はSMASと言われる筋膜を引き上げることで、小顔になることができます。当院でのフェイスリフトは脂肪吸引も同時に行うので、脂肪が多くたるみが気になる方にはさらに大きな効果を望めます。

⑤顎をシャープにする
顎が小さい患者様は、顎を適切な位置まで出すことで、輪郭のバランスを整え、シャープに見せることができます。顎を出すと顔が大きく見えるのではないかと心配される患者様もいらっしゃいますが、適切なバランスまで出すことで小顔に見せることができます。
方法としてはヒアルロン酸やプロテーゼの手術があります。手軽さをご希望される方はヒアルロン酸、半永久的な効果をご希望される場合にはプロテーゼの手術をお選びください。

他院修正をご希望される患者様の中には「脂肪吸引をしたら小顔になると言われたのに全然変化を感じない」といったお声や「小顔のボトックスを打ったのに変わっていないように感じる」といったお声を聞くことがあります。
 診察させて頂くと、その患者様にとっては治療効果の高くない施術を選んでいる場合も見受けられます。
例えば、脂肪がもともと少ない方が脂肪吸引をしても、あまり効果はありませんし、筋肉がもともと小さい方が筋肉を小さくする施術を行っても、それほど効果は望めません。脂肪・筋肉・骨・たるみ・顎の中から、その患者様に合った施術を行うことで初めて、十分な効果がみられます。
患者様がご希望されている施術の説明をして施術を行うだけでなく、どの施術が患者様に適しているか判断をするのも、カウンセリング時の医師の重要な役目です。

当院では小顔を見える考え方、施術の進め方、患者様に合わせて効果の高い適切な治療の提案等、詳しくお話しさせていただき患者様に治療方法を選んでいただいております。

小顔にしたい方はもちろん、一度小顔の整形をしたけども満足していないといった方も、適切な治療法の選択がなされてない場合もございますので、ぜひお話をお聞きにいらしてみて下さい。

この記事で解説した小顔の施術について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
【脂肪溶解注射(小顔注射)の施術ページ(水の森美容外科 公式サイトへ)】
【エラボトックスの施術ページ(水の森美容外科 公式サイトへ)】
【フェザーリフトの施術ページ(水の森美容外科 公式サイトへ)】
【顎のヒアルロン酸注入の施術ページ(水の森美容外科 公式サイトへ)】
【顎プロテーゼ(下顎形成)(水の森美容外科 公式サイトへ)】