1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. 目・二重
  4. 眼瞼下垂
  5. 眼瞼下垂の手術には、挙筋短縮法、挙筋前転...

よくあるご質問

目・二重 眼瞼下垂の手術には、挙筋短縮法、挙筋前転法、経皮法、経結膜法などいろいろありますが、違いは何でしょうか?
経皮法とは瞼の表の皮膚から切開を加えて、目を開ける筋肉(挙筋)を操作する方法です。術野も広く確立された術式で安全性が高い方法です。経結膜法とは瞼の裏側からアプローチする方法で、術野が狭く一部のクリニックでしか行われていません。というのも、裏側から見ると、結膜-ミュラー筋(*)-眼瞼挙筋と言う順に組織が存在し、経結膜法では挙筋を操作するのにミュラー筋を越えての操作が必要となります。近年、ミュラー筋の重要性が注目されているため、ミュラー筋に侵襲が加わる経結膜法を行っているクリニックは少ないのです。また、経皮的と経結膜的にはもう一つ違いがあり、余った皮膚を同時に切り取る事ができます。一方、経結膜的の場合は皮膚に傷がつかないのですが、皮膚を切り取る事が出来ません。経皮的と言うのは万能の方法と言えます。挙筋短縮法と挙筋前転法はともに、挙筋の操作の方法です。眼瞼挙筋とミュラー筋は重なり合っており、挙筋短縮法の場合、眼瞼挙筋を切除して短縮するため、重なっているミュラー筋を同時に切除することになります。一方、挙筋前転法は、挙筋を折りたたみ短くする方法であり、ミュラー筋を損傷することはありません。そのため、前転術は健康的に眼瞼下垂症を改善できる術式として注目を集め、多くの医師が注目し実践されてきた手術です。*ミュラー筋は交感神経が関与している大切な神経組織で刺激によって片頭痛や肩こり、不定愁訴などさまざまな症状を呈する可能性があります。

目・二重