1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. しわ・たるみ
  4. 糸のリフトのよくあるご質問

よくあるご質問

しわ・たるみのよくあるご質問

糸のリフトに関するご質問

糸のリフト法令線が気になるのですが切らずにリフトアップできますか?また、将来的なタルミの予防にもなると聞きましたが、本当ですか?
法冷線は解剖学的な見地から、糸に限らずリフトアップの手術では改善が難しいため、法令線に関してはヒアルロン酸が最も適した治療となります。糸のリフトアップの効果自体が一般的には3ヶ月程度のため、糸を入れているからといってその後の将来的なたるみを予防してくれると考えるのは、クリニック側の戦略や希望的観測に過ぎないでしょう。
糸のリフト他院にカウンセリングにいったところ、色んな名前の糸のリフトがありますが、違いはあるのでしょうか?
糸のリフトの種類にも溶ける糸や溶けない糸、毛羽立ちのついた糸や頭部に固定して引き上げるタイプや、皮下に留置するだけのタイプのものなど様々な商品があります。名前もアプトスやミラクルリフト、ミントリフト、イタリアンリフト、ハッピーリフト、スプリングスレッドリフト、シルエットリフトなど数え上げればキリがありません。しかし、当院の見解としては、どのような糸の手術であっても引き上げ効果としては3ヶ月程度であることに変わりはないと考えます。あくまで名称の違いは、メーカー側やクリニック側の戦略によるところが大きく、大差はないと考えます。
糸のリフト金の糸とはどのようなものですか?また、副作用はないのですか?
金の糸の効果とは、皮下に格子状に金を埋め込むことにより、金の糸の周囲に真皮の線維芽細胞活性化によるコラーゲン線維産生促進を起こし、肌のハリを増したり、小じわを改善させたりするという原理です。その他の糸の手術と違いたるみをリフトアップさせるという理屈ではありません。この効果は可能性としてはありえると思いますが、肌質改善の効果としては、言われてみれば何となく…といったぐらいだと思います。また、金の糸の副作用として、アレルギー反応や異物反応、肉芽腫形成などがあり、いったん体内へ入れた金の糸はなかなか取り出せないため、あえて高いリスクを犯してまでお勧めできるような手術ではありません。
糸のリフト皮膚はよれたりしないのですか?
糸によるリフトアップでは、当然引き上げられた部分の皮膚が余るわけですから、どこかによれやシワ寄せは来てしまいます。おそらく、頭髪の中によれを持ってきたり、「数ヶ月でよれは戻る為、気にならないですよ」と説明するクリニックもあるようですが、常識的に考えると、よれが戻ったときがリフトアップの効果が切れたときですよね。
糸のリフト糸のリフトはどれぐらい効果が持続しますか?
糸のリフトアップは皮膚のいずれかによれが生じることにより一時的にはリフトアップ効果があるでしょうが、そのよれが戻ってくるのも3~4ヶ月くらいですから、やはりリフトアップ効果もその程度であると思われます。
糸のリフト他院でカウンセリングに行ったところ、糸のリフトをすると数年は持つといわれましたが本当でしょうか?
当院では糸によるリフトアップ効果は数ヶ月程度だと考えております。例えば、3~4年効果が持続するとの説明であれば誇張表現に近いのではないでしょうか。
糸のリフト糸のリフトをすると、コラーゲンが増えて溶けてしまったりしても肌にハリが出たり、毛穴やにきび跡も目立たなくなるといわれましたが本当でしょうか?
人体では創傷治癒効果といって、怪我などをした部位に傷を治す過程でコラーゲンが生成されます。それを、皮下に糸を通した後に創傷治癒効果が起こってコラーゲンによるリフトアップや、肌質が良くなると謳っているクリニックもありますが、実際に糸が挿入される層は皮下から脂肪層です。その層でコラーゲンが多少増えたところで、たるみや、皮膚にまで良い影響を与えてくれるような効果が期待できるとは考えづらいものがあります。
糸のリフト糸のリフトはレントゲンに写らないのでしょうか
移らない可能性が高いとは思いますが、材質によっては必ずしも写らないとは言い切れないかもしれません。
糸のリフト他院にカウンセリングに行くと、最新の糸は改良されていて従来の効果と全然違うと言われましたが、そんなことあるのでしょうか?
確かに、医療技術や医療機器などは日進月歩の世界ではあります。しかし、今までの効果よりもはるかに優れたものであれば、当院でも導入しているでしょうし、フェイスリフトという手術自体がこの世からなくなっているでしょう。しかし、従来のフェイスリフトが、今なお、たるみとりの第一選択であることを考えると、それ以上に効果の高い治療は無いからに等しいでしょう。
糸のリフト切るリフトアップだと傷跡や失敗が怖いのですが、他院で糸のリフトであれば副作用もほとんどなく万が一嫌ならば抜けばいいと言われました。何故、水の森美容外科では糸のリフトをあまりすすめていないのですか?
糸によるリフトアップ効果はせいぜい数ヶ月程度と考えております。また、糸といえど、一度、皮下に挿入したものを探して抜去するということは容易ではありません。切開を伴うフェイスリフトは、確実に丁寧に手術・縫合すれば、かなり傷跡も気になりにくく仕上がりますし、何より、効果は糸による手術とは比べ物になりません。そのため、当院ではたるみとりの治療には糸のリフトはお勧めしておりません。